本文へスキップ

アスペルガーなど発達障害改善は株式会社ミュゼ・アルディ

適応障害

適応障害とは

適応障害とは、ある特定の状況や出来事(たとえば、昇進・転勤・結婚・同居・海外勤務など)が、
 当事者にとって非常につらく、職場や家庭などに適応できず、その耐えられないと感じられることを
 いいます。
 また、その不適応状態の持続によって気分や行動面にさまざまな症状が現れてきます。ストレス要因
 により、日常生活や社会生活、職業・学業的機能において著しい停滞が発生し、一般的な社会生活が
 続けられなくなってしまうストレス障害です。

 カウンセリング 堺筋本町 適応障害 カウンセリング   堺筋本町 カウンセリング

 たとえば以下のような症状です。

*涙が自然と出てくる
*過剰な心配・不安・抑うつ状態
*突然怒りが出る・無謀運転や器物破壊行為
*焦燥感・食欲不振
*頭痛・腹痛・倦怠感・慢性的な疲労感
*不眠や過眠
*昼夜逆転現象


ストレスとなる状況や出来事が明確な場合を適応障害と呼んでいるため、その原因から離れると症状
 は次第に改善します。
 しかし、ストレスの原因(ストレッサー)から離れられない、あるいは取り除けない状況(原因が職
 場の上司であったり、配偶者・学校の先生であったりする場合など)では症状が慢性化することもあ
 ります。
 そういった場合は、カウンセリングを通してストレスフルな状況に適応する力をつけることも有効な
 治療法ですが、実際にはカウンセリングどころではないストレスを受けることも多く、医療機関での
 対応を考慮していただくことになります。

どんな場合でも同じですが、症状を自覚したら、早めにカウンセリングを受ける事が大切です。カウ
 ンセリングだけで対応できなくなると服薬も併用するわけですが、改善も2段階にわたりますので時
 間を要します。

適応障害がもたらす弊害

成人の場合、職場などで強いストレスを感じるために職場に行くと体調が悪化する・集中力
 や判断力の低下から仕事が思うようにが進まない・倦怠感が取れないといった現象が発生し
 ます。

主婦の場合では、家事をする気が起きない・部屋を片付けられない・子供を放置するなどの
 現象が起こります。適応障害という現象はストレスが原因であることが多いため、そのスト
 レッサーを取り除くと症状も回復する場合が多いのですが、配偶者の場合などは、難しいと
 いえるでしょう。

適応障害のカウンセリング

<適応障害>という現象はさまざまな形態を持ちます。まず症状を引き起こしているストレ
 ッサーに気付くかどうかが早期発見・早期回復につながります。
 そして、そのストレッサーが排除が可能なのか・可能ならばどのようにすべきか、もし不可
 能ならばどうするのかという設計図を描けるカウンセラーを選ぶことが大切です。

特に会社関連の場合、社会人経験がない(少ない)カウンセラーでは的外れな意見を伝える
 こともありますので、十分注意が必要です。

ミュゼ現実的カウンセリングは、この点を最も得意としています。選択肢をどれだけ探し
 出し、一人一人に適合した改善方法を見出すことが大切なのです。