本文へスキップ

成人自閉症スペクトラム・発達障害の改善はミュゼアルディ

身体の破綻と精神profile

身体が壊れるまで気づかない理由

人間は体内に起きた”病変”を察知する力があります。

「くしゃみが止まらないから花粉症かな」

「アタマがぼーっとしてるから熱があるのかな」

という具合に。

     


ところが、最近言われている緑内障のように、そのサーチをかいくぐって進行し、気付いた時には視野の半分が
欠けているという症状もあります。

それとは別に、発達障害の方に多いのが、脳内伝達の不足による病状悪化です。

「くしゃみが止まらないなあ」

「アタマがぼーっとするなあ」

・・・・だから?いや、それだけです。ある状態が、その後にどのような作用を及ぼすのかが考えられない。

なので、病院に行っても手遅れになるケースが多くなりがち。発達障害の方が糖尿病にり患した場合などは顕著
です。そうでなくても、うつを放置して、ある日突然全身が鉛のように動かない。この症状を「鉛様麻痺」と呼
ぶ方もおられますが、実際にはその方が発達障害である場合が多いのでは。


山手心理相談室では、そのような「脳と心」のバランスを考え、改善を図ります。

夫が、妻がそのような状況になったら、ぜひご一緒にお越しください

「病識」がなければカウンセリングも効果が期待できません。