本文へスキップ

アスペルガーなど発達障害改善は株式会社ミュゼ・アルディ

精神科/心療内科とカウンセリングの関連

カウンセリングと精神医療の関係

「ひょっとして、うつやアダルトチルドレンなんだろうか」

「私の両親は毒親かもしれない」

「どうも漫然とした不安があるような気がする」

このように感じたとき、みなさんはどの施設を訪問されますか。

*心療内科・精神科 *神経内科 *胃腸科・循環器科・心臓内科 *カウンセリングルーム

*催眠療法所 *占い・ヒーリング *整体院・整形外科


 心療内科 精神科 心療内科 精神科   心療内科 精神科


これって、どれもが正解で、逆にどれもが間違っているのです。なぜ正しくて・間違いなのかは以下
の通りです。簡単に言えば「
日本にはつらい時の総合窓口がない」ということでしょう。

<こころがつらい><気持ちが重い>といっても「こころ」は脳の内部にあります。単純に考えて
も、ケガと病気では対応できる医療機関は違いますが、気持ちや気分の判断は患者(クライエント)
に任されるという不安定な状態になっています。かかりつけ医という制度もあるのですが、こころの
問題についてはあまり対応できていません。

心療内科・精神科は何をしてくれるところでしょうか?

精神科・心療内科が何をするところかということについて、勘違いをしておられる方も少な
くありません。無理もないのです。一般的には

 ・精神科医はこころの問題の専門家だ。

 ・精神科医は話を聴いて、感情を受け止めてくれる。

 ・こころの症状はクスリを飲まなければ改善しない。

 ・精神科医は症状に最適のクスリを処方してくれる。 
   

というようなものですが、実際は

 ・精神科医はカウンセリングではなく病状の問診をしています。

 ・精神科医は脳の状況を探ったりクスリを判断する専門家です。

 ・精神科医はクスリの処方を判断するために、最初は話を聴いてくれます。


同じような例としては、看護師があります。一般的には「白衣の天使」などと神様のように称
賛されることもありますが、実際には「こころに寄り添う」のではなく「身体をケアする」と
いう役割を担っています。なので、優しい言葉をかけてくれる場合でも、ケアに最適な言葉を
選択しているのだと考えてください。むしろ「寄り添う」タイプの方では凄惨な事故現場など
からの患者さんをケアすることが難しいのです。

では、クスリとカウンセリングの効果がどう違うのかといえば、

 ・クスリは主として脳のハード部分に効果があります。

 ・カウンセリングは脳のソフト部分(こころ)に効果があります。


精神科・心療内科医の役割は、問診により症状に合ったクスリを処方することだと考えていた
だけばおおむね間違いないと思います。

また、整体院・整形外科・神経内科などは脳の症状によって身体に出てきた影響に対応します。

残念ながら「精神医学に詳しいカウンセラー」や「カウンセリングに詳しい精神科医」はほと
んど存在しないというのが現実です。あっても、あくまで「多少の知識がある」というだけで
すが、それでも症状を見間違うようなことのないレベルの(どちらで対応すべきか程度の判断)
の対応が可能な方を選ぶことが大切です。