本文へスキップ

自閉症スペクトラム・発達障害の改善はミュゼ・アルディ

依存と発達障害DEPENDENCE

依存と深い関係がある発達障害

発達障害やアダルトチルドレンの方には”依存症の割合が高い”といわれます。なぜそうなるのかといえば、子
供のころに「愛情」が不足していること(または感じにくいこと)と、「自立できる能力」が育成されていな
いこと。言い換えると感情面と能力面の成長が不足しているということになります。(ミュゼでは顕著に見ら
れます)

     

依存症は、物質依存とそれ以外(主として対人と行為)に大別できます

★物質依存症

アルコール・ニコチン(タバコ)・薬物(覚せい剤等)依存症のように、ある特定の物資を体内に吸収せずに
いられない状態です。


★その他依存症

ゲーム・パチンコ・競馬などのギャンブル・スマホ・LINE・買い物依存症など行為に関する依存や、恋愛
やセックスなどの人に対する依存です。


依存症が何の病気かというと、いわゆるアルコール依存や覚せい剤依存などでは、体内に入れることで脳機能
の低下や破損が発生するのですが、何が原因で依存するのかはうまく説明できていないようです。


ここでは、その他依存症について説明しましょう。


依存症の人には、たとえば次のような特徴がよく見られます。


★いつも、なぜだか分からないが自分や環境に満足できない。

★家族・友人・恋人などに、なぜか受け入れられていないと感じる。

★得意・不得意にかかわらず、なぜか強い劣等感を持っている。

★それらの関連で、なぜだか分からないがストレスフルになる。


いつもこのような状態だと考えると、孤独感や猜疑心などが発生し、そのつらさから逃れるために買い物やゲ
ーム、恋人のように、自分の目の前にある対象に強く傾倒していきます。

やがて、普通の場合はどこかで引き返せるのに、それがなければ、一種のパニック状態になっていきます。こ
の状態を依存症と呼んでいます。

人形を集めたり・・・というスモールな依存ならかわいい面もありますが、ひどくなると(原因によりますが)
境界性パーソナリティ障害などの症状が出るケースもあって、どの程度の依存なのかという点を医療機関やカ
ウンセリングルームなどで客観的に見てもらいましょう。


ミュゼ山手心理相談室(大阪・本町相談ルーム)では、この「なぜか」を「性格」と「能力」に分解して究明し、
それぞれに適合したSSTとカウンセリングを行っています。発達障害のうち一部の苦手項目が影響するケー
スは大変多いです。

依存症の改善が難しいのは、「なんとなく」依存する点にあります。改善に取り組む勇気のある方は、ぜひ一
緒に頑張りましょう。単純な病気ではないため、「なんとなく」取り組んでもほとんどうまくいかないのも依
存症の特徴です。

特に発達障害やアダルトチルドレンに原因がある場合、改善には相当の時間が必要です。パートナーがひとり
で対応すると、精神的なダメージを受けることもありますから、怒りっぽくなったりして「ミイラ取りがミイ
ラになる」などうまくいかないことも多いようです。

(上記説明はミュゼにご来室いただく方の傾向です)


(改善には多くの困難が待ち受けています。最低限「乗り越えたい」という積極さが必要です)