本文へスキップ

アスペルガー等発達障害改善は株式会社ミュゼ・アルディ

アスペルガーのコミュニケーション

独特な会話

スペルガー症候群の方に限らず、アダルトチルドレンやその他会話を苦手とされる方は多いです。コミュニ
ケーションという言葉を聞いただけで足がすくむ方も多いでしょう。

次の会話は、日本に住むおばあちゃんのうちにアメリカ(イギリスでもかまいませんが)在住のお孫ざんが
帰ってきたという設定です。

アスペルガー 大阪  アスペルガー 大阪   アスペルガー 大阪


大変申し訳ありませんが、読んでいるうちに気分が悪くなることがありますので、心配な方は他ページへと
お進みください。

 <孫娘とおばあちゃんの会話>


『おばあちゃん、肩を叩いてあげようか』

「ほう、それじゃお願いしようかねえ」

『おばあちゃんの体って、骨ばかりなのね』

「そうそう、年取ると肉がなくなって骨ばかりになるんだよ」

『おばあちゃん、骨ってひとつ3ドルくらいで買えるの?』

「おやおや、売ることはできないよ」

『じゃあ、ひとつちょうだい!』




さて、いかがでしょう。まだ幼いお孫さんは、骨というものにとても興味を示し、その骨についての会話が
進展したケースです。幼い子供だからフツウと思えるのであって、成人の方がこのように話をしたとすれば
どうでしょうか。

たいていの方は、その話をされた方を敬遠することになりませんか。話している間に気持ちが悪くなる方も
出てくるかもしれません。

「気持ち悪い(気分を害する)」ヤツだ。こんな人間とは話さないほうが身を守れる。そう考えても不思議
ではないということです。

話している当人には、まったく悪意はないのです。だから、当人はみんながなぜ自分から離れていくのか理
解できず、たださみしいと思う(感じない方もおられます)ようになります。

周囲にこのような方がおられるのなら、一度山手心理にお越しください。(ご本人に自覚がある場合に限り
ます)自覚のない場合にはご家族の方だけでもかまいません。

成人になって「アスペルガーの傾向がある」と言われたとしても、改善できるケースは少なくありません。
時間は必要ですが、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

<アスペルガー・新型うつの真実とカウンセリングの受け方>ご購入。

面談・出張相談

大阪府(堺・藤井寺・豊中・茨木・高槻・摂津・吹田・東大阪・大東・柏原・泉南・松原・枚方・箕面・池田・泉大津・泉佐野・寝屋川・和泉・河内長野・富田林・羽曳野・八尾・箕面・大阪狭山・交野・守口・門真・高石・岸和田・貝塚・阪南・泉南・四条畷市)および兵庫県・京都府・奈良県・神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・生駒市・京田辺市・宇治市) 

その他地域はご相談ください。