本文へスキップ

アスペルガーなど発達障害改善は株式会社ミュゼ・アルディ

注意欠陥(多動性)障害ADHD/ADD

見逃しやすいADHDとADD

ミュゼ山手心理相談室では成人(大人)の症状のみを対象とさせていただいているのですが、大人のADHD/ADD
と子供のそれでは、対応が全く違ってきます。

というよりも、成人の場合は対応してもらえないことがあまりに多いのではないのではないでしょうか。ADHD
は該当年齢になってから初めて出現するものではありません。

⇒<アスペルガー・新型うつの真実とカウンセリングの受け方>ご購入⇒

不注意、多動性、衝動性という3つの症状(あるいはその一部)に、子どものころからずっと悩まされて
いて、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、大人になって
も状況が改善せず、うまく生活することができない方も多いのが現実です。

 ADHD ADD ADHD ADD   ADHD ADD


成人の場合は、子供の時と違って以下のような症状が中心になります。

・集中できない。注意散漫。刺激に気を取られやすい
・計画的に仕事を進められない
・人の話が最後まできちんと聞けないために指示を間違いやすい
・仕事を理由もなくを先延ばしにする。面倒な仕事を始められない
・忘れっぽい。忘れ物や紛失物が多い。「今すべきこと」を意識し続けられない
・飽きっぽい。デスクワークや単調な仕事が苦手で貧乏ゆすりなどをする
・自制が効かない。よくかんしゃくを起こす
・アイデアは豊富だが、緻密なプランが立てられない
・運転での事故や交通違反・ケガなどのミスが多い


ADHDに似た症状を示す障害は躁うつ病など他にもあること・ADHD(中度以上)をトレーニングだけで
改善するのは困難なこともあって、ミュゼではまず医療機関をお訪ねいただくことをお勧めしています。特に
成人期のADHDには以下のような薬剤があります。
(医師が最終的な診断をくだすためには、他の障害や病気ではないことを確認する必要があります)

ADHD/ADDという診断が確定すれば、認知行動療法やトレーニングなどでポイントを絞った対応が可能な
ため改善効果は高くなります。

服薬を嫌う方も多いのですが、せっかくトレーニングを行った場合でも、一定レベル以上の方については
トレーニングの最中に集中力が途切れてしまうケースも多かったので、服薬とカウンセリング・トレーニ
ングを併用することにより努力や経験が効果的に身に付き、スキルアップできたり、注意力、集中力が
改善しやすくなりますので、ミュゼでは症状が一定以上の方にはカウンセリングと薬の併用をお勧めして
います。

よく「何か即効的かつ効果的な方法はないか」というようなことを聞かれますが、魔法のようなものは存在
しません。ほかの発達障害やアダルトチルドレンの場合と同様、日常生活や仕事力の向上には時間と努力が
必要になります。くじけず頑張りましょう。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療薬として「メチルフェニデート塩酸塩」(製品名・コンサータ)が、
18歳以降に診断された成人期ADHDの患者にも使えるようになりました。

これまでは18歳未満で診断された場合に限定されていたが、13年12月に厚生労働省が適応の拡大を承認
しました。成人期ADHDの治療薬としては「アトモキセチン塩酸塩」(製品名・ストラテラ)に次ぐ2剤目。

★カウンセリング・スキルトレーニングのお問い合わせは全国各地からお気軽にどうぞ。

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 愛知 静岡 三重 滋賀 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄県 東京都 大阪府 京都府 札幌市 横浜市 大津市 神戸市  名古屋市  金沢市 仙台市 堺市